旅の前にでも

玄関から出れば、旅は始まっている。

タイのミネラルウォーター市場が熱い。

f:id:gadgetraveler:20170917215828j:plain

タイのスーパーの飲料水売り場

 

 

まずは、世界のミネラルウォーター市場

近年、健康志向の上昇もあってかミネラルウォーター市場は絶賛成長中だ。

なぜ、各メーカーがこぞってミネラルウォーターに力を入れるかというと、メーカーにとってミネラルウォーターが一番「儲かる商品」だからである。

 

しかし、ミネラルウォーターの効能を過信するのは良くないかもしれない。

2017年8月ネスレの「ポーランド・スプリング」が米で詐欺とされたことも話題となっている。

我々は水が欲しいときに水を買っているのだが、

「水」以上のことをミネラルウォーター求めて買うべきではないかもしれない。 

 

 

タイの水は飲めない

 タイの水は他の国同様に、蛇口から出る水は飲むことをおすすめしない。

それは、飲用の水ではないからだ。飲む水はどこから手に入れるかといえば、買うしかない。スーパーやコンビニエンスストア、街中のボトル自販機などで手に入れることができる。 

 

タイも例外ではない

日本でも、一定の市場があるミネラルウォーター市場だが、タイでも近年賑わいを見せている。タイのミネラルウォーターの販売メーカーは、コカ・コーラ社を初めとするワールドワイドメーカーを初め、ビールメーカーがミネラルウォーターを販売しているのが特徴だ。

 

・コカ ・コーラ社

・ブンロート・ブリュワリー社 (シンハービールのメーカー)

・タイ・ビバレッジ社 (チャンビールのメーカー)

・サームスック社

 などがメジャーな飲料水メーカーだ。

これらのメーカーの飲料水なら、どこのコンビニであっても手に入るし、

容量も一通り取り揃えてある。

 

ボトルキャップに違いがある

f:id:gadgetraveler:20170917215802j:plain

シンハービールの飲料水バージョン



味については、どのメーカーが

うまい、まずいというのはないのだが、

日本の飲料水と違う点が1点ある。それは、ボトルキャップにフィルムがついている点だ。毎回、毎回フィルムを剥がす手間があるのだが、水という商品を扱う以上、

未開封であることを証明してくれるので、安心して飲むことができる設計になっている。

 

飲料水の味はそんなに重要じゃない

CNNの調査では、世界で一番美味しい飲み物は「水」だ。

この世界で美味しい飲み物をこぞって各メーカーが販売しているが、

水は味の優劣が他の飲料に比べ、商品価値としては反映されにくい。

水の商品価値は「イメージ」が大半を占める。

全ての飲料の元となる水の広告を見れば、各メーカーの飲料に対する姿勢が見えてくるだろう。

 

以上です。

よい人生を。