旅の前にでも

玄関から出れば、旅は始まっている。

ディズニーにあらわれたアバターエリアから読み解く戦略 #1

 

アバターエリアのオープン

少し大げさなタイトルなのは否めないが、
アメリカ フロリダ州 にあるウォルト・ディズニー・ワールド リゾート(以下 :WDW)に

5/27にアバターエリア "Pandora - The World of Avatar"がオープンした。

 

そこで、思ったのは

アバターってディズニーだっけ?」

と。

 

なぜ、アバターがディズニーに?

まず、「アバター」とは

映画「アバター」は2009年に公開された、ジェームズ・キャメロン監督による作品だ。

ジェームズ・キャメロンといえば「タイタニック」だが、

アバター」の世界興行収入を上回る記録を打ち出した。

興行収入もスゴイのだが、それよりも素晴らしいのが、

3D映画に対する注目度を一気に高めたこと。

「初めて見た3D映画 = アバター」の人もたくさんいるのではないだろうか。

 

アバター」は長期シリーズ化に

アバター」は「ハリー・ポッター」や「スター・ウォーズ」などと同じくらいのシリーズが予定されている。

 

 

 という具合だ。

 

「長期シリーズ = 世界観がしっかりしている」

 

ため、リアルな世界に持ち込みやすい。

さらには、感動も大きい。

実際に上で挙げた、「ハリー・ポッター」や「スター・ウォーズ」はテーマパークに落とし込まれている。

さらには、「アベンジャーズ」もだ。

 ディズニーは映画をテーマパークにどんどん落とし込んでいる。(続く)